2014年11月27日 (木)

ある日、やぎさんが

Rscn4585
 開発予定地の雑草をヤギに食べさせようとの試みがはじまった。ヤギ三頭が囲いの中で雑草を食べていた。
Dscn4561 見学しながら「ある日、ヤギさんが  」という唄を口ずさんでいた。






Dscn4565 ヤギは好きな草しか食べないとも聽いた。結果はどうなるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

ことしもメスのカマキリが

Dscn4523
 ことしもカマキリが玄関に飛びついている。この時期まで生きているのはオスを食い捨てたメス。しぶといヤツだ。
Dscn4528 壁の隅にはカマキリの巣(たまご?)がある。故郷恋しさでここまできたのかな。

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

夏はやっぱりスイカ

Dscn4091
 涼しくなってしまい、もう夏も終わりでしょうか。知り合いの農家の方にスイカをいただいた。切ってみたら、果肉の黄色いスイカだった。旨さは赤いスイカと変わりなかった。甘いスイカ。2014年夏の思い出。

Dscn4088 切るまえのスイカ。







Dscn4089 入刀







Dscn4090 2つに切ればまあるい断面。

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

薄曇り、紫陽花は

Dscn3897
 歩いて薬屋まで行った。クルマに乗って出かけることが多くなり、少し太ってきた。歩いて見る町。各所でいろいろな紫陽花を見た。
Dscn3916





Dscn3910





Dscn3903





Dscn3878





Dscn3862

| | コメント (1)

2014年4月 9日 (水)

4月5日は夜桜を楽しんだ

Ma340080
4月5日は知人数名と小林牧場で夜桜を楽しんだ。午後5時に集合して、まだ明るいうちからハナの下でビールを呷る。風もあり寒い。
Ma340071 左は枝垂れサクラ。通りのサクラも見事です。更に奥の公園に咲く枝垂れサクラも感服する光景を見せてくれていました。ここには人もあまり来ません。独占できるのです。


Ma340077 八重サクラに似た枝垂れサクラの花です。








Ma340078

| | コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

4月4日 小林牧場 見頃ですよ

Dscn3313
 4月4日(金)温かい陽気に誘われて、クルマで外に出た。印西市の小林牧場は桜が満開でした。冷たい空気も振り払われて、気持ちも清々しくなりました。
Dscn3271 3月31日は左の様子でした。少し花が増えたかな。







Dscn3299 裏に抜け枝垂れサクラを見ようと回ってみました。枝垂れサクラは三分咲きでした。少し先に入ってみたら、ここまで人は来ないのでしょう。風に吹かれ枝を揺らして咲いていました。





Dscn3326 ほっとします。







Dscn3345 もう、潔く散ってしまった花弁。







Dscn3348

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

小林牧場、未だ、、、

Dscn3212
 小林牧場のメインの通り、未だサクラは咲かず。蕾でした。奥の電話の中継器したは満開でしたよ。歩いて奥まで行ってみてください。

Dscn3206 ここだけ春が来ていました。親父と何度かこの桜の下で写真をとりました。






Dscn3199 毎年、花を咲かせて自分も年をとることを感じています。








 あと、一週間もすれば通りの桜も満開になるでしょう。週末30日の日曜日には咲きはじめるでしょう。ご期待ください。

| | コメント (0)

2014年2月28日 (金)

それでも春は来る

Dscn3042
 庭先の木瓜の木にも蕾がついていた。もうそろそろ赤い花を咲かせる。

Dscn3047 大事に育てて来た”かしわばあじさい”。一昨年、庭の掃除中に根本から切ってしまった。ことしこそは花を見せてくれ。








Dscn3049 ドウダンツツジも小さい蕾をたくさんつけていた。たのしみだ。春は近い。桜も咲く。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月8日はこんなに降った

Dscn3029
2014年2月8日にはこんなに雪が降ったのでした。6時ころ、目が覚めて、雪掻きをしようとドアを押した。抵抗感があった。玄関前でも20センチの雪が積もっていた。それをドアで押しながら開けたのだ。
Dscn3034
ちょっとおかしいが、積雪は37センチあった。よく積もったものだ。東京人は雪に慣れていないから、これからが勝負だなあ。





Dscn3023
庭のゴールドクレストは雪に押されて直角に曲がってしまった。こんなこともあるさ。











| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

雉(きじ)のツガイが散歩していた

Rscn2648
 総武カントリーの脇を車でとおっていたら、目の前を雉のツガイが散歩していた。思わず車を止めてツガイのゆっくりした歩みを見ていた。オスはきれいな色をしていた。メスは緑色の単色で色気がない。雉、ピーコックはオスに色気がある。

Dscn2639







Rscn2649 後ろからゆっくりと雉に寄っていっても、歩みは変わりない早さだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧